子供の矯正治療って?? - 小学生(混合歯列期)の矯正歯科治療

コラム一覧で戻る

こうざと矯正歯科クリニック公開日 2016/12/21

乳歯と永久歯が混在する時期を混合歯列期と呼び、だいたい6歳から12歳ぐらいの小学生の時期に相当します。
この時期、永久歯がなかなか生えてこなかったり、ゆがんで生えてきたり、出っ歯だったり、、、とわが子の歯並びを心配に思うお母さんも多いのではないでしょうか。
子供の矯正歯科治療のうち、混合歯列期に行うものを第1期治療と言い、永久歯が生えそろった段階で行うものを第2期治療と言います。
今回は、第1期治療についてくわしく説明していきます。

第1期治療ってどんなことするの??

第1期治療の最大の特徴は、あごの骨の成長をコントロールできるということです。
歯を支えるあごの骨は、この時期大きく成長します。不正咬合の原因が骨にある場合、第1期治療で上あごと下あごの前後的な位置関係を改善することが可能です。

反対咬合(受け口)の矯正治療


上顎前突(出っ歯)の矯正治療


また、ガタガタや出っ歯など、あごの骨のサイズに対し歯のサイズが大きい場合、例えるならば定員オーバーの状態、つまり電車の10人乗りのイスに12人ぐらい座っているのと同じ状態です。
この場合、定員オーバーを改善するために2人に立ってもらう、つまり歯を抜く必要があります。

しかし第1期治療では、上あごと下あごを大きくすることが可能です。
つまり、10人乗りのイスを12人乗りのイスに変化させることが可能です。
このように、第1期治療によって、抜歯を回避できる可能性が高くなります。

叢生(ガタガタ)の矯正治療

第1期治療っていつ始めるのがいいの??

第1期治療を始めるベストなタイミングはお子さんのかみ合わせやあごの骨の状態、歯の生え変わりの状態や悪いくせの有無によってそれぞれ異なりますが、このタイミングを見極めることが非常に重要です。

なぜなら、成長が終わりかけていると、あごの骨を大きくしたり、前後的な位置関係のズレを改善するのが難しいからです。
骨の成長のピークは上あご、下あごで異なります。

一般的に上あごの成長のピークは小学校低学年から中学年にかけて起こり、その後思春期になると下あごの成長のピークが起こると考えられていますが、男女によって、また個人によっても異なります。

当医院では手根骨のレントゲン写真を撮影し、患者様それぞれのあごの骨の成長のピークを分析して治療計画の立案に役立てています。
また、当医院では不正咬合の原因となるような悪いくせについても積極的に治療しています。

また、生まれつき永久歯の本数が少ない場合や、骨の中の永久歯の位置が悪く、放っておくと将来埋伏歯となる場合もあるので、お子さんの乳前歯が抜け永久前歯が生えてきた段階で、一度矯正歯科専門医を受診し検査することをお勧めします。
検査の結果、今すぐ治療を行う必要がない場合でも、定期的に経過観察することで、治療開始の適切な時期を逃さず治療を行うことができます。

この記事の筆者

上里 聡

上里 聡 こうざと さとし

・歯学博士
・日本矯正歯科学会認定医
・日本顎関節学会認定医
・日本顎咬合学会認定医
・日本成人矯正歯科学会認定医
・日本矯正歯科センター センター長
・愛知学院大学非常勤講師

高宮留美子 たかみや るみこ

・歯学博士
・日本矯正歯科学会認定医

こうざと矯正歯科クリニック 坂出市駒止町

JR坂出駅から徒歩約3分。
矯正歯科専門クリニックです。複数の学会における認定医を持ち、数多い講演と実績を持つ院長を中心に、矯正歯科専門の非常勤ドクターと専門スタッフにより最高水準の設備と環境で治療を行っています。

施設の詳細ページへ

新規開業特集

  • 日本中医薬研究会 香川支部会員店
  • 感染症対策に困ったら、感染症.com
  • 守里会看護福祉専門学校
  • 医療・介護用品専門オンラインショップ「milmil(ミルミル)」