子供の矯正治療って?? - 中高大学生の矯正歯科治療

コラム一覧で戻る

こうざと矯正歯科クリニック公開日 2017/01/30

中学生、高校生、大学生のお子さんが矯正歯科治療を行うにあたり、ご本人そしてご家族の方々には様々な心配ごとがあるでしょう。たとえば、
「歯は抜かなくてはいけないの?」
「矯正装置は目立つかな?」
「学校や部活と両立できるかな?治療期間はどのくらいかかるの?」
などが代表的なものかと思います。今回のコラムではこれらを中心に、中高大学生の矯正歯科治療についてお話していきたいと思います。

歯は抜かなくてはいけないの?

この時期、顎の骨の成長はほぼ終わりかけており、基本的には顎の骨を大きくするのは難しいです。
ガタガタの程度や口元の出方、かみ合わせによってケースバイケースですが、歯を抜く必要がある場合もあります。
どうしても歯を抜きたくないからといって、歯を抜かずに無理矢理並べると、口元が出て口が閉じにくくなったり、歯にも負担がかかります。
矯正歯科治療では、口元の美しさや、口の中の健康も大切に考えています。

矯正装置は目立つかな?

矯正装置というと、銀色の装置に銀色の針金、口の中はギラギラ・・・というイメージがあるかと思いますが、最近では白色の装置や針金など、見た目に配慮した装置が多く使われています。

また、当院ではインビザラインといって、着けはずしのできるマウスピースを用いた矯正治療も行っています。(インビザラインについては次回、詳しくお話していきます)多感なこの時期のお子さんの心に配慮した矯正装置を使用しましょう。

学校や部活と両立できるのかな?治療期間はどのくらい?

中高大学生のお子さんは、学校や部活で忙しく、歯科医院に通院する時間が取れないのではないかと心配に思っている方も多いと思います。しかし、矯正歯科治療は、基本的に3~4週間に1回の通院間隔でよく、学生生活に大きな支障はきたさないと思います。治療期間は2年~2年半が一般的です。高校生の場合、卒業後に県外の大学への進学を考えている方は、なるべく高校生の間に矯正治療を終えることが望ましいです。

きれいな歯並び、笑顔はお子さんの強い味方になります。受験や就職活動の際、思いっきり清々しく魅力的な笑顔ができることは人生を左右するかもしれません。この時期に歯並びをきれいにすることは、子供たちの未来を大きく広げることになります。

この記事の筆者

上里 聡

上里 聡 こうざと さとし

・歯学博士
・日本矯正歯科学会認定医
・日本顎関節学会認定医
・日本顎咬合学会認定医
・日本成人矯正歯科学会認定医
・日本矯正歯科センター センター長
・愛知学院大学非常勤講師

高宮留美子 たかみや るみこ

・歯学博士
・日本矯正歯科学会認定医

こうざと矯正歯科クリニック 坂出市駒止町

JR坂出駅から徒歩約3分。
矯正歯科専門クリニックです。複数の学会における認定医を持ち、数多い講演と実績を持つ院長を中心に、矯正歯科専門の非常勤ドクターと専門スタッフにより最高水準の設備と環境で治療を行っています。

施設の詳細ページへ

新規開業特集

  • 日本中医薬研究会 香川支部会員店
  • 感染症対策に困ったら、感染症.com
  • 守里会看護福祉専門学校
  • 医療・介護用品専門オンラインショップ「milmil(ミルミル)」