安心な日焼け止め

ブログ

2016/04/25

皮膚の老化の原因、8割は紫外線と言われています。
シミもシワも少ないほうが良いに決まっているし、日焼け止めを使用するべきなのは明白です。
けれども、日焼け止めで肌が荒れる、怖くて使用出来ない、と言われる患者さんが時々おられます。
実際には、最近の日焼け止めは昔と違って、スーパーで売っているものでも、荒れることはあまりないように感じています。
それでも、毎日使用し、すぐに洗い流さずに皮膚に長時間密着するものなので、
少しでも安心な物を使用したいですね。

最近、凄い日焼け止めができました。乳液なのに界面活性剤が入っていません。
これはかなり画期的な事なんです。
分子間の引力を利用して乳化したそうです。
パラペン、香料、アルコール、鉱物油も入っていません。

皮膚のバリアを壊さないで、SPF30、PA3+、
汗をかいても落ちにくいのに、石けんのみで落とせます。
使用感はサラっとしていて、肌が白くなりません。

皮膚科医が開発したノンUVミルク、スキンキュアラボから発売されました。

>>前のページに戻る

掲載情報について

各種情報は、あなぶきヘルスケア株式会社が調査した情報を基に掲載しています。
正確な情報掲載を務めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

掲載されている施設への受診や訪問及び求職する場合は、事前に必ず該当の施設に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、あなぶきヘルスケア株式会社ではその賠償の責任を一切負わないものとします。
情報に誤りがある場合には、お手数をおかけいたしますが、あなぶきヘルスケア株式会社までご連絡をお願いいたします。