花粉症の季節到来!!

ブログ

2020/02/12

インフルエンザの流行もまだやまないこの時期に今年もやってきました。国民病といっても過言ではない花粉症のシーズンであります。一般的に毎年2月頃からスギ花粉、春先からは続いてヒノキの花粉が飛び始めます。花粉症にかかっている人にとっては、とてもつらい季節です。私も大学時代からのコテコテの花粉症でベテランの域に達しておりますよ。花粉症とは無縁だった人も油断できません、ある年から急に発症しますので注意が必要です。

 

花粉症の主要症状は、「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」です。でもこれらの症状だけでは風邪かどうかはっきりしませんね。花粉症だと知るにはどうしたらいいかわかりやすくポイントを挙げておきますのでチェックしてみてくださいね。

 

①    くしゃみの程度:風邪のくしゃみは、一度に3~4回までですが花粉症になるとなかなか止まらず、7~10回程度は続きます。鼻水もさらさら水が流れ落ちるような水鼻です。
②    目 のかゆみ:目がかゆくなり、掻きだしたら止まらなくなります。充血したり、涙が出てきたりもします。
③    のどイガイガ感:かゆみを伴ったりします。粘膜が過敏になっておりちょっとした刺激でくしゃみや咳が誘発されます。

 

こうした症状が続く場合は、花粉症を疑って早めに受診し、適切な治療を受けることが大切です。

 

また花粉症の症状を軽減するため、自分でできる花粉症対策があります。

①    花粉情報に気を付け、花粉が多い日はできるだけ外出を控える
②    外出時はマスクをして、帰宅後はうがいを
③    掃除をこまめにする
④    洗濯物はよくはたいて取り込む
⑤    ストレスをためない:ストレスやイライラはアレルギー症状を悪化させる要因となります。ストレス解消を図り、気持ちがつらい症状にむかないようにしましょう。
⑥    たばこやアルコールを控える:たばこはのど粘膜を刺激して症状を悪化させる原因となります。アルコールは鼻粘膜を充血させ、鼻づまりをひどくします。花粉症のときには、どちらも控えめに。

 

気になる症状がありましたらご相談ください。このシーズン少しでも快適に過ごしましょう。

掲載情報について

各種情報は、あなぶきヘルスケア株式会社が調査した情報を基に掲載しています。
正確な情報掲載を務めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。

掲載されている施設への受診や訪問及び求職する場合は、事前に必ず該当の施設に直接ご確認ください。
当サービスによって生じた損害について、あなぶきヘルスケア株式会社ではその賠償の責任を一切負わないものとします。
情報に誤りがある場合には、お手数をおかけいたしますが、あなぶきヘルスケア株式会社までご連絡をお願いいたします。